アピオス

青森県の最北端下北半島で栽培される「下北アピオス」は厳しい冬に-10度以下の強風の中で「寒さらし」という手法で熟成され甘さが引き出されます。その糖度は25度から30度でフルーツ以上の糖度になります。インディアンの戦闘食とも言われるアピオスは栄養価が高く健康食としても注目を浴びています。

新着情報

下北アピオスの公式サイトが公開されました。

7/1(金)、下北アピオスの公式サイトが公開されました。 インディアンの戦闘食として食べられていたという、 非常に栄養価が高いマメ科の野菜、「アピオス」...
詳しく見る

アンチエイジングかき揚げ

美容と健康に!野菜たっぷりのかき揚げ。...
詳しく見る

アピオスごはん

栄養満点のアピオスごはん。お弁当にもぴったり。...
詳しく見る

筑前煮

アピオスをサトイモの替わりに使い、栄養満点!...
詳しく見る

味噌田楽

香ばしい香りで、アツアツがおいしい!...
詳しく見る

アピオスの保存方法

生のまま保存すると糖度が落ちてしまいます。蒸して(または、茹でて)冷凍保存するのがお勧めです。...
詳しく見る

アピオスとは
アピオスのレシピ
下北アピオスのメディア掲載情報下北アピオスのメディア掲載情報 下北半島について下北半島について

スポンサーリンク