アピオス

青森県の最北端下北半島で栽培される「下北アピオス」は厳しい冬に-10度以下の強風の中で「寒さらし」という手法で熟成され甘さが引き出されます。その糖度は25度から30度でフルーツ以上の糖度になります。インディアンの戦闘食とも言われるアピオスは栄養価が高く健康食としても注目を浴びています。

アピオス【アピオス収穫期】

いよいよ今年度産アピオスの収穫期を迎えます。気温の低下とともに枯れて来た葉を確認し上部のツルを切り落とします。覆っていたネットと支柱を外し準備が出来た頃(11月上旬~中旬)にイモの掘り出し作業が始まります。img_2969

アピオスとは
アピオスのレシピ
下北アピオスのメディア掲載情報下北アピオスのメディア掲載情報 下北半島について下北半島について