アピオス

青森県の最北端下北半島で栽培される「下北アピオス」は厳しい冬に-10度以下の強風の中で「寒さらし」という手法で熟成され甘さが引き出されます。その糖度は25度から30度でフルーツ以上の糖度になります。インディアンの戦闘食とも言われるアピオスは栄養価が高く健康食としても注目を浴びています。

アピオスのレシピ

アピオスモンブラン

材料(10人分の分量)

アピオス(ミニ)
10個
揚げ油
適量
砂糖
20g
10g
ホットケーキミックス
100g
バター
100g
砂糖
80g
2個
アピオスペースト
100g
砂糖
25g
ホイップクリーム(加糖)
30g

作り方

  1. アピオスは皮付きのまま素揚げする。
  2. 鍋に砂糖と水を入れ火にかける。
  3. 糖液が115℃になったら火を止めて、1 のアピオスを入れ、素早く混ぜ糖衣させる。
  4. ボウルに溶かしバター、砂糖を入れ、白っぽくなるまでよく混ぜる。卵液を少しずつ加えよく混ぜる。ホットケーキミックスを入れ混ぜ合わせる。
  5. カップに生地を流し入れ、180℃で15~20分焼く。
  6. アピオスペーストに砂糖を加え、水分を飛ばすように練り上げ冷却する。ホイップクリームを加えクリームを作る。
  7. 絞り袋に入れ、6 のケーキに絞る。
アピオスとは
アピオスのレシピ
下北アピオスのメディア掲載情報下北アピオスのメディア掲載情報 下北半島について下北半島について

スポンサーリンク