アピオス

青森県の最北端下北半島で栽培される「下北アピオス」は厳しい冬に-10度以下の強風の中で「寒さらし」という手法で熟成され甘さが引き出されます。その糖度は25度から30度でフルーツ以上の糖度になります。インディアンの戦闘食とも言われるアピオスは栄養価が高く健康食としても注目を浴びています。

アピオスのレシピ

アピオスぜんざい

アピオスぜんざい

材料(5人分の分量)

アピオス
400g
砂糖
400g
ココナツミルク
200ml
片栗粉
250g
75ml
タピオカ
50g

作り方

  1. タピオカは水に浸すなどして戻しておく(戻し方はタピオカのパッケージを参考にしてください)。
  2. アピオスを洗い、皮をむいて半分に切る。
  3. 片栗粉と水を混ぜておく。
  4. 鍋にアピオス・水・砂糖を入れ、中火で砂糖が溶けるまでかき混ぜる。
  5. 4 にタピオカとココナツミルクを入れ、沸騰させる。
  6. 沸騰したら弱火にし、片栗粉と水を入れとろみがついたら完成。
アピオスとは
アピオスのレシピ
下北アピオスのメディア掲載情報下北アピオスのメディア掲載情報 下北半島について下北半島について

スポンサーリンク