アピオス

青森県の最北端下北半島で栽培される「下北アピオス」は厳しい冬に-10度以下の強風の中で「寒さらし」という手法で熟成され甘さが引き出されます。その糖度は25度から30度でフルーツ以上の糖度になります。インディアンの戦闘食とも言われるアピオスは栄養価が高く健康食としても注目を浴びています。

アピオスのレシピ

アピオスベーグル

材料(5人分の分量)

強力粉
240g
茹でてつぶしたアピオス
60g
白神こだま酵母
3g
砂糖
24g
5g
ベーコン
100g
オリーブオイル
小さじ2杯
玉ねぎ
4分の3個
とろけるチーズ
100g
麹の甘酒
大さじ3杯
140g
モルト

作り方

  1. 白神こだま天然酵母を50ccのぬるま湯に10分間つける。
  2. 小麦粉、砂糖、塩、麹の甘酒を先ほどの白神こだま酵母のぬるま湯に水を足してこねる。
  3. 表面が張るように生地をまとめ、醗酵ケースに入れる。
  4. 30℃の醗酵室で1時間醗酵させる。
  5. 生地を110gに切り分ける。
  6. 生地をまとめて、醗酵時と同じ条件で15分寝かせる。
  7. ベーコンと玉ねぎをオリーブオイルで炒める。
  8. 生地に炒めた玉ねぎとベーコン、チーズをのせて成形する。
  9. 温度30℃の醗酵室で30分醗酵させる。
  10. モルトエキスを溶かした90℃のお湯に入れ、片面ずつ1分ずつ茹でる。
  11. 190℃のオーブンで18分焼く。
アピオスとは
アピオスのレシピ
下北アピオスのメディア掲載情報下北アピオスのメディア掲載情報 下北半島について下北半島について

スポンサーリンク